フランス人女性と話していた。

彼女はアメリカ英語で、私もアメリカ英語(のつもり)。

ぬいぐるみを彼女は”plush"と表現していたけれど、

私のアメリカのパルはstuffed animalと言っていたし、

(これを聞くたびに、中になにかパンパンに詰められた鶏を想像するけれど)

イギリスのパルはsoft toyと言っていたので、ついsoft toyと打ったら、

微妙な空気になった。

あれ?と思って、私、英語をまた間違えた?

ロンドンのパルにかくかくしかじかで、微妙な雰囲気になってね、と話すと、

「あぁ~、soft toyって、アメリカ英語ではディルドのことよ。」と言われた。

・・・知らなかった。

私、「私の友人もぬいぐるみ好きよ~。彼女、すっごいたくさん持ってる!」

って、言ったつもりが、

「私の友人もディルドが好きよ~彼女、すっごいたくさん持ってる!」

って、言ってしまった…。

他にも、アウトドア用品のダッチオーブン、あれもスラングとしてあることを

そのときに知る。

「知り合いにダッチオーブンにハマっている人がいてね…」と話した。

アウトドアのクッキング用品のダッチオーブン。

ロンドンのパルは爆笑していた。

これよ、これ!!と画像添付して私は説明したけれど、

ダッチオーブン、”毛布の下でおならする”という意味があるらしい。

アメリカのパルに聞いても、同じことを言っていたので、

ぬいぐるみの話とアウトドア用品の話は、これから気を付けよう。


にほんブログ村