4月22日、Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE~に行ってきました。
その感想を色々忘れないうちにブログにしておこうと思います。
本当はもっと早く文章にしたかったのですが、何を書こうか迷っているうちになんだかんだ一週間以上すぎていました…既に横アリ公演も始まってしまいましたが書かせてください…
なるべく配慮するつもりではありますが、ほんの少しネタバレが含まれると思いますのでネタバレは避けたいな~という方はこの先の閲覧をご遠慮いただけると幸いです(汗)






早速ですが、私は実のところ長くジャニヲタをしていてもコンサートに行ったことがなく、今回が初めてのジャニーズのコンサートでした。そのせいかは分かりませんが、当たってから当日に至るまでまるでSexy Zoneに会えるという実感が湧かず。ずっと謎の緊張だけが募っていて、と
「今からSexy Zoneに会うとか実感湧かない。多分幕開いたら精巧なホログラムとか出てくるんだろうなって思ってる」
「分かる…あんなに美しい五人が実在するわけない」
なんて今考えたら何言ってるんだみたいなことを大真面目に話していました。それくらい私にとってSexy Zoneはどこか夢の世界の人のような感覚で。
しかし、いざ会場に入ってステージを見た瞬間、現実が一気に襲ってきて、心臓はバクバクするしお腹は痛くなるしで、席について胃腸薬飲みながら「現実だ…コンサートって現実なんだ」って思いました。
席について少しほっとしたのも束の間、開演が近づくにつれて徐々に大きくなるSexy Zoneコール。どれくらい声出すのが正解なのかなと探り探りコールしていると、開演10秒前になり一気に沸き立つ会場。高揚感と緊張でどうにかなりそうで、それよりもいよいよ5人が出てくるという楽しみが大きくて。あの感覚は一生忘れようと思っても忘れられないだろうなと思います。
そして17:30。会場が暗くなり、始まるOP映像。映像だけでも興奮がすごかったのに、ステージ上に5人の姿が現れた瞬間キャパオーバーして崩れ落ちました。リアルに。隣にいた友人に抱えられて、「ほら!風磨!!風磨がいるよ!!」と言ってもらってやっと「うん…いる…風磨くんが生きてる…しんどい…」と答える有様。流石に曲中はちゃんと声出して盛り上がりましたが、今度は最初からテンションを上げすぎたせいで腹痛起こしたのでまた胃腸薬飲みました。私はよくお腹が痛くなるので痛みの種類とかで薬使い分けてるんですが。その中でも一番強いやつ飲みました。友人には、「コンサート中に薬飲む女初めて見た」って言われました。ぐうの音も出ません。

それからは薬のおかげで元気になったので全力でコンサート楽しみました。声出して、ペンライト振って、メンバーの一挙手一投足に「キャーーー!!!」って会場全体で黄色い声上げて、喉からして、本当に本当に楽しくてしょうがありませんでした。
MCもいっぱい笑わせてもらいました。個人的なハイライトとしては勝利くんがとてもいい顔でツムツムへの課金の話をした時です。「ああ…勝利くんも課金とかするんだ…人間なんだ…」ってなんだか感慨深くなりました。私は勝利くんをなんだと思ってるんだ。
勝利の日までのじゃんけんも楽しかった…!風磨くんの初勝利とセクサマでの初ソロを聴けて感無量でした…健人くんとのハグの瞬間の映像はまだ鮮明に自分の目に焼き付いてます。レポとか雑誌とかテレビとかじゃなくて自分の目で見るふまけんは衝撃が凄かったです、前後10秒くらいの記憶飛ぶかと思いました。

それでもそんな楽しい時間が永遠に続くわけもなく。はっと気付いたら5人からの挨拶が始まっていました。私は、それまでの熱狂の余韻を残しつつ5人の言葉に真剣に耳を傾けている客席と、そんな客席を優しく見渡しつつ話すSexy Zoneとの間に一種の信頼関係のようなものをこの時感じていました。良い話を聞かせてくれると信じているファンと、話を真面目に聞いてくれると信じているメンバーと…みたいな。完全に個人の主観なんで断言するつもりはありませんが。

挨拶の後、流れてきたのはSTAGEのイントロ。「あっやばい、これはヤバい。泣く」って一瞬で思って、泣いてる暇あったらステージ見てたいし耐えようとも思ったんですが当然のごとく無理でした。二番出だしの「ねぇ…離れて」でぼろっときたらもうダメでした。次から次へと涙が溢れて仕方なくて、それでもステージからは目が離せなくて。ラストサビ前、マイク向けられて歌ってた時は途中からもう歌えなくなるくらい泣いてました。
ずっとずっと会いたかった、ずっとずっと生で歌を聴きたかった、ずっとずっと好きになってから1年と4ヶ月、大好きだよ、愛してるよ、あなた達を好きで幸せだよって直接叫びたかった5人、誰よりも笑顔を見たかった5人と同じ空間にいる高揚感、「あいしてるよ」って歌える幸福感、そして1年4ヶ月前までの自分への後悔。そんな感情が全部綯交ぜになって涙になってました、あの瞬間は。周りも結構泣いてる人がいて、仲間がいる…とちょっと安心したりもしました笑
STAGE終わってからも余韻でぼろぼろ泣いてたんですけど、アンコール始まってからはまた全力で楽しくて楽しくて!!私の小さな夢というかなんというか、コンサート会場でカラフルEyesの「You said!」「I said!」をやりたいっていうのがあったんですけど、それも念願叶ってできたし、Wアンコール前の謎のジンギスカンコールからのバイバイDuバイも本当に本当に楽しいしかなくて…!!終演後は友人と一緒に「本当に来てよかった」「一生Sexy Zone降りれない」って話しながら帰りました。

今回のコンサート、本当に楽しくない瞬間が一秒たりともなくて、改めてSexy Zoneっていいな、Sexy Zone大好きだなって思わせてくれるコンサートでした。
加えて、夢から一度は押し戻された5人がもう一度作り上げて、そして叶えていくその過程を今私は、私たちは見せてもらっているんだとこのコンサートで思ったし、そんな彼らが見せてくれる景色ならどんな景色でも見ていきたいです。
不器用でぎこちない5人の描くSTAGE、見ることができて心底良かったです。赤い薔薇に誓って、Sexy Zoneと「未知」を歩いていく決意ができました。ありがとうSexy Zone!大好きだよ、あいしてるよ!!これからもずっとこの気持ちは変わらないからね!!