自分もビブラートを練習してましたが、ある一定の速度(自分の場合は一秒間に約三回)以上にならなくて困っていた時期がありました。ちなみに一秒間に四回から五回が一番理想とされています。

どうすればできるようになるかですが、まず普通のビブラートができるなら、さらに喉の筋肉を柔らかくし、ビブラートにより慣れされるために声の振れ幅を極端に大きくしてあぁあぁあぁ~と声を出す練習をします。ここではビブラートを意識するというより喉の筋肉を柔らかくするのが目的なので端から見たら不恰好に思えるくらいあ↑↓↑↓↑↓。
次に、ハハハハハハとできるだけ速く、短く息だけを出す練習をします。走り終わったあとのようにお腹から息を出してください。ちなみにハァハァハァと、ため息をつきつつ喘ぐみたいに息をだす練習するとロングトーンとあとプツっと切れてしまうビブラートではなく、ビブラートが徐々に弱くなって自然にフッと消えるようなビブラートができるようになります。EXILEのATSUSHIもこれがかなりうまいです。
高速ビブラートには喉の柔軟性(慣れ)だけじゃなく息の使い方もかなり重要になってきます。
上記の2つを毎日お風呂でもどこでもいいので5分から10分は練習すると個人差はあると思いますが一ヶ月もあれば大分変わってくると思います。
最後に、裏声でも練習すると感覚がよりつかみやすくなると思います。
ちなみに、ビブラートを習得したのは自己流じゃないですが、高速にするためのこの練習法は完全に自己流です。しかし、友人などにこの方法をやってもらったところ、かなり成果があったのでやってみる価値あるのではないでしょうか。