『老人Z』大好きだった。いまでも大好き。すべてが好き。大学生のとき両手のゆびで足りないくらいみたけど、これから何度みかえしてもきっとずっとかわらず大好き。

鉛筆削りが壊れた。
こどもが宿題をするとき、ドリルをするとき、
常に寄り添い監視、温かく見守りながら鉛筆削って5年以上。
いろんな鉛筆を買うのはもう趣味の範疇で、
鉛筆削りは最早”私の趣味”と言い切っている。
いま使っている鉛筆削りの前に2台、鉛筆削りをダメにした。
ボキっと手で回すところが折れたり、削れなくなったり…
鉛筆削りって、こんなに壊れやすいものだった?!と呆然とし、
ちょっと値段が高くても壊れないもの!耐久性のある鉛筆削りを!
ということで、日本製の鉛筆削りを買ったのが5年以上前。

 

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム ブルー A5PR-B

カール事務器 鉛筆削り エンゼル5 プレミアム ブルー A5PR-B

  • 出版社/メーカー: カール事務器
  • メディア: オフィス用品
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る
 

 

昨日、夫が珍しく鉛筆を削ろうとして、
「なんやこれ?!」と言い出した。
最近は鉛筆がうまく削れなくなって、コツがあってね…と
私がコツを伝授しようとすると、夫は分解を始めた。
「鉛筆をはさむ部分の金属が磨耗している。
削る部分のギアも磨耗しているから、削れない」と
私のストレスの原因が究明された。
金属部分がこんなに磨耗するほど鉛筆削ったのか…と夫に驚かれた。
子ども3人いるので、毎日10本以上は鉛筆削っている気がする。

こどもたちの小学校は高学年になろうともシャーペン不可。
赤ペンすら不可なので、鉛筆だけで7本、赤鉛筆も5本と
高学年の花子の筆箱には鉛筆ぎっしり。
太郎も筆圧が強いので、いつも鉛筆をしっかり使ってくる。
それに今年からは次郎も加わり…
3人分の学校で使う鉛筆に家庭用の鉛筆に、
手動でせっせと鉛筆削りを回してきた。

では、修理を…と思ったら、修理に1620円(送料込み)!
えーっと、1800円くらいで買って、1600円?
あれ?差額は200円?!と呆然としてしまった。
新しいのを買うことにした。
古いのも捨ててない。もし、どこか部品が壊れたときには
二個一にするかもしれないので。

それにしても、最近は修理が割高すぎる気がする。
こどもたちが使っているサーモスの水筒(1L)、
カバーの底が抜けてきたので水筒カバーだけ買おうと思ったら
水筒カバーが1606円、新品水筒(1L)カバー付きは2700円。
どんだけ高いカバー?!
私は家計より環境にやさしい消費活動をする!と
志高く水筒カバーを買ったけれど…。

安いものを消費していくことより、高くても大事に使い続けたいし、
使い続けようと思っているのに消耗品や修理費の高さに驚く。
新品をもう少し高い値段設定にして、
消耗品や修理を安くしてくれたらいいのに~と思ってしまう。

鉛筆を各種メーカー買ってきて、我が家の定番ができてきた。
筆圧の弱い小5の花子は芯のやわらかいトンボがお気に入り。
小1の太郎も学校で2Bと指定があるので、同じトンボを使っている。

 

トンボ鉛筆 鉛筆 F木物語 かきかた 2B KB-KF03-2B オレンジ 1ダース

トンボ鉛筆 鉛筆 F木物語 かきかた 2B KB-KF03-2B オレンジ 1ダース

  • 出版社/メーカー: トンボ(Tombow)
  • メディア: オフィス用品
  • この商品を含むブログを見る
 

 

筆圧が強い小3の太郎は同じトンボの鉛筆ではボキボキと芯を折るので
三菱のBで芯を折らなくなった。

三菱鉛筆 鉛筆 ユニスター B USB 1ダース

三菱鉛筆 鉛筆 ユニスター B USB 1ダース

  • 出版社/メーカー: 三菱鉛筆
  • メディア: オフィス用品
  • この商品を含むブログを見る
 

新しい鉛筆削りで削りながら、また太郎の漢字をチェックしなければ。
油断していると、ものすごい書き順で漢字を書いていて
「うそ!!」と驚きの余り声が出てしまった。

 

 

 

都議選の選挙活動が始まり、はなはだ迷惑な騒音の日々が始まった。
公明党候補の街宣車が来たというわけではないが、いつも思うのが、何故に公明党は都議選にものすごく注力するのかということである。

これは共産党もまたしかりであるが、やはり公明党は顕著で、新聞などには公明党は都議選がある時はそちらに注力したいがために国政選挙を嫌うと書いてあることも多い。
日本全国の学会員が東京に気を送るというぐらいの気合を感じる。
選挙時期の公明新聞の一面の議員写真の形相は狙って撮っているとはいえ気迫が半端ない。

公明党の施策は概してまともだし、自民党・民進党・維新の会あたりと違って議員が失策を犯すことも絶対になく、人物も立派そうで安定感のある人ばかりである。

価値観が全く違う共産党は個人的に話にならないが、だからといって宗教団体がバックにあるとわかっているのに公明党を選択肢に選ぶ人も多くはないように思う。
共産党や公明党はほぼ全てが組織票で投票率が低ければ低いほど躍進する政党である。
 
共産党が必死にしんぶん赤旗の読者を開拓したり(部数維持に苦労しており、経営の問題もあるだろうが)、公明党がお友達作戦で投票を促したり(僕の知人にそう言ってくる人はいないのだけど)するのは構わないけれど、これらの活動は内部の結束を高めこそすれ、これほど実らない活動もそうそうないだろうと不思議に思う。
前者を目的に見せかけて実は後者が目的と言うのであれば言うことはないのだが、労が多い割には実りが少なさそうで大変だろうなと思う。
共産党の支持者なんて老人が多いものだから夏の暑い日なんて倒れやしないかと見ていて気になって仕方ない。
 
ここからは余談。
僕は築地市場の近くに住んでいるのだが、公明党の活動が際立って見えるということは特になく、場所柄、年中共産党の人(おそらくは議員ではなく個々の党員)が移転反対ののぼりを持って立って演説をうっているのばかりが目に入るし、朝日新聞前で絶叫する右翼の街宣車がやはり目(耳)につく(笑)。
あと、笑えるのが選挙時期になると隅田川を上り下りする船の街宣船を見られることがあることである。
夜の屋形船から聞こえるカラオケで慣れてるから気にならないけど。

4月22日、Sexy Zone presents Sexy Tour 2017~STAGE~に行ってきました。
その感想を色々忘れないうちにブログにしておこうと思います。
本当はもっと早く文章にしたかったのですが、何を書こうか迷っているうちになんだかんだ一週間以上すぎていました…既に横アリ公演も始まってしまいましたが書かせてください…
なるべく配慮するつもりではありますが、ほんの少しネタバレが含まれると思いますのでネタバレは避けたいな~という方はこの先の閲覧をご遠慮いただけると幸いです(汗)






早速ですが、私は実のところ長くジャニヲタをしていてもコンサートに行ったことがなく、今回が初めてのジャニーズのコンサートでした。そのせいかは分かりませんが、当たってから当日に至るまでまるでSexy Zoneに会えるという実感が湧かず。ずっと謎の緊張だけが募っていて、と
「今からSexy Zoneに会うとか実感湧かない。多分幕開いたら精巧なホログラムとか出てくるんだろうなって思ってる」
「分かる…あんなに美しい五人が実在するわけない」
なんて今考えたら何言ってるんだみたいなことを大真面目に話していました。それくらい私にとってSexy Zoneはどこか夢の世界の人のような感覚で。
しかし、いざ会場に入ってステージを見た瞬間、現実が一気に襲ってきて、心臓はバクバクするしお腹は痛くなるしで、席について胃腸薬飲みながら「現実だ…コンサートって現実なんだ」って思いました。
席について少しほっとしたのも束の間、開演が近づくにつれて徐々に大きくなるSexy Zoneコール。どれくらい声出すのが正解なのかなと探り探りコールしていると、開演10秒前になり一気に沸き立つ会場。高揚感と緊張でどうにかなりそうで、それよりもいよいよ5人が出てくるという楽しみが大きくて。あの感覚は一生忘れようと思っても忘れられないだろうなと思います。
そして17:30。会場が暗くなり、始まるOP映像。映像だけでも興奮がすごかったのに、ステージ上に5人の姿が現れた瞬間キャパオーバーして崩れ落ちました。リアルに。隣にいた友人に抱えられて、「ほら!風磨!!風磨がいるよ!!」と言ってもらってやっと「うん…いる…風磨くんが生きてる…しんどい…」と答える有様。流石に曲中はちゃんと声出して盛り上がりましたが、今度は最初からテンションを上げすぎたせいで腹痛起こしたのでまた胃腸薬飲みました。私はよくお腹が痛くなるので痛みの種類とかで薬使い分けてるんですが。その中でも一番強いやつ飲みました。友人には、「コンサート中に薬飲む女初めて見た」って言われました。ぐうの音も出ません。

それからは薬のおかげで元気になったので全力でコンサート楽しみました。声出して、ペンライト振って、メンバーの一挙手一投足に「キャーーー!!!」って会場全体で黄色い声上げて、喉からして、本当に本当に楽しくてしょうがありませんでした。
MCもいっぱい笑わせてもらいました。個人的なハイライトとしては勝利くんがとてもいい顔でツムツムへの課金の話をした時です。「ああ…勝利くんも課金とかするんだ…人間なんだ…」ってなんだか感慨深くなりました。私は勝利くんをなんだと思ってるんだ。
勝利の日までのじゃんけんも楽しかった…!風磨くんの初勝利とセクサマでの初ソロを聴けて感無量でした…健人くんとのハグの瞬間の映像はまだ鮮明に自分の目に焼き付いてます。レポとか雑誌とかテレビとかじゃなくて自分の目で見るふまけんは衝撃が凄かったです、前後10秒くらいの記憶飛ぶかと思いました。

それでもそんな楽しい時間が永遠に続くわけもなく。はっと気付いたら5人からの挨拶が始まっていました。私は、それまでの熱狂の余韻を残しつつ5人の言葉に真剣に耳を傾けている客席と、そんな客席を優しく見渡しつつ話すSexy Zoneとの間に一種の信頼関係のようなものをこの時感じていました。良い話を聞かせてくれると信じているファンと、話を真面目に聞いてくれると信じているメンバーと…みたいな。完全に個人の主観なんで断言するつもりはありませんが。

挨拶の後、流れてきたのはSTAGEのイントロ。「あっやばい、これはヤバい。泣く」って一瞬で思って、泣いてる暇あったらステージ見てたいし耐えようとも思ったんですが当然のごとく無理でした。二番出だしの「ねぇ…離れて」でぼろっときたらもうダメでした。次から次へと涙が溢れて仕方なくて、それでもステージからは目が離せなくて。ラストサビ前、マイク向けられて歌ってた時は途中からもう歌えなくなるくらい泣いてました。
ずっとずっと会いたかった、ずっとずっと生で歌を聴きたかった、ずっとずっと好きになってから1年と4ヶ月、大好きだよ、愛してるよ、あなた達を好きで幸せだよって直接叫びたかった5人、誰よりも笑顔を見たかった5人と同じ空間にいる高揚感、「あいしてるよ」って歌える幸福感、そして1年4ヶ月前までの自分への後悔。そんな感情が全部綯交ぜになって涙になってました、あの瞬間は。周りも結構泣いてる人がいて、仲間がいる…とちょっと安心したりもしました笑
STAGE終わってからも余韻でぼろぼろ泣いてたんですけど、アンコール始まってからはまた全力で楽しくて楽しくて!!私の小さな夢というかなんというか、コンサート会場でカラフルEyesの「You said!」「I said!」をやりたいっていうのがあったんですけど、それも念願叶ってできたし、Wアンコール前の謎のジンギスカンコールからのバイバイDuバイも本当に本当に楽しいしかなくて…!!終演後は友人と一緒に「本当に来てよかった」「一生Sexy Zone降りれない」って話しながら帰りました。

今回のコンサート、本当に楽しくない瞬間が一秒たりともなくて、改めてSexy Zoneっていいな、Sexy Zone大好きだなって思わせてくれるコンサートでした。
加えて、夢から一度は押し戻された5人がもう一度作り上げて、そして叶えていくその過程を今私は、私たちは見せてもらっているんだとこのコンサートで思ったし、そんな彼らが見せてくれる景色ならどんな景色でも見ていきたいです。
不器用でぎこちない5人の描くSTAGE、見ることができて心底良かったです。赤い薔薇に誓って、Sexy Zoneと「未知」を歩いていく決意ができました。ありがとうSexy Zone!大好きだよ、あいしてるよ!!これからもずっとこの気持ちは変わらないからね!!

今朝の虎ノ門ニュースを見ていたところ、地上波ではあまり流れない北朝鮮へ対するニュースがかなり注目されています。

化学者の武田先生いわく、MISSILEが日本へ撃ち込まれた場合には、爆心地は別として、核にしろサリンとかの化学兵器にしろ、通常爆弾にしろ近くに地下鉄や地下街の入り口があればそこへ飛び込み、近くに無い場合には鉄筋の建物へ入り、窓から離れたところへ避難すればなんとか助かる可能性は高いとか…?

核爆弾では、爆心地は一瞬だけど離れたところであれば核の光を浴びないように鉄筋の建物内へ逃げ、爆発時にはかなりの放射能が出るが、爆発してしばらくしたら放射能の飛散は風にのって広がるため風上へ逃げるのがいいそうです。

化学兵器の場合にも建物内まで飛んでくることは少なく、できれば1日くらいは出歩かない方がいいそうですよ!

北朝鮮のイベントや米軍の動きを見る限りでは、今日明日あたりはけっこう動きがある可能性は高いとか?

ちなみに、Jアラートが正常に鳴れば着弾まで3〜5分はあるそうですよ

以前は、米軍基地がある横須賀にいたので、横須賀には友人や知人もたくさんいるので気をつけてもらいたいですね!

今、自分は米軍や自衛隊の関係地とは離れた岩手県にいるので、北朝鮮がランダムに暴走するか?的が外れてこっちへ飛んでくるか?でもない限りは大丈夫だとは思うけどこの数日はおとなしくひきこもります。

まあ、どうなるか解りませんし、気を付けようもない事柄かもしれませんけど…

皆さんも気を付けてください。

かなり遅いですが粉美の日です。


前回の名言:神の御加護



この時間にとりました。


f:id:Kota-y:20130507154249j:image

あ?り?
ナニモナイトイウコトハナイヨナ?

こんにゃろー!!何もないならお前を伐採してやるー!!!
f:id:Kota-y:20130507152811j:image


f:id:Kota-y:20130507153421j:image

☆負☆け☆た☆ぜ☆

f:id:Kota-y:20130507154320j:image
なんか隣り合ってた筐体が向かい合った。
これは大会開催か?でも6月は北海道一つもないんだな…

2017/01/06の夕食

2018/03/02

今日の夕食は、シンプルな食事です。ともちゃんが作りました。

f:id:TOMOYASU:20170107073812j:imageメニューは、芋煮、里芋と厚揚げの煮物です。実家から貰った里芋があったので、里芋を使った料理となりました。実家から貰った里芋は「洗い芋」と呼ばれる、芋洗いが済んで皮が剥けた状態の里芋を使っています。この「洗い芋」を使った里芋料理が格別で、里芋がトロッとしているのが特徴です。

 f:id:TOMOYASU:20170107073832j:image

芋煮には、里芋、牛肉、こんにゃく、豆腐、しめじ、ネギを入れて作ります。ともちゃんの芋煮も実家の味に負けないくらいの美味しい芋煮でした。

f:id:TOMOYASU:20170107073822j:image

里芋と厚揚げの煮物です。厚揚げは、優しい食感の絹豆腐の厚揚げを使いました。お肉は豚肉(バイオ茶ポーク)を使いました。実家で食べたときは牛肉でしたが、今回芋煮で牛肉を使っているので、豚肉にしてみました。こちらの煮物も里芋がトロッとして、美味しかったです。

まだまだ冷蔵庫には頂き物がたくさんありますので、料理を工夫しながら冷蔵庫の中の食材を使っていきたいと思います。

お久しぶりです。

職が欲しいです。絶賛活動中です。

 

ちょっと時間が出来たのでチェインバーストダメージを考慮できるようにしました。

f:id:hsimyu:20170517194147p:plain

ここで「チェインバースト」という項目をクリックすると

f:id:hsimyu:20170517194244p:plain

こんな感じで表示されます。

チェインバーストダメージも「ターン毎ダメージ(のパーティ平均)」に加味されるようになっています。

 

チェイン数は「より細かい設定」中のチェイン数という項目を変更することで指定可能です。

チェイン数の指定は

  1. チェインバーストなし -> チェイン係数 0 == これまで通りの計算
  2. 2チェイン -> チェイン係数 0.25
  3. 3チェイン -> チェイン係数 0.333..
  4. フルチェイン(またはオーバーチェイン) -> チェイン係数 0.5

となります。

デフォルト値は1 = チェインなしとしているので、これまで通りの使い方をしたい方は弄らないで大丈夫です。

 

ターン毎ダメージへの反映方法について

チェインバーストのダメージはパーティ全体の奥義ダメージに依存するダメージとして発生しますので、キャラ1人あたりの寄与を考える場合にはキャラ数で割る必要があります。

元カレ計算機では設定した「チェイン数」をチェインバーストに参加するキャラクター数として、発生したチェインバーストダメージをチェイン数で割ることで各キャラ毎の寄与を算出しています。 

つまり、

チェインバーストなしの場合:

[ターン毎ダメージ] = (奥義ダメージ + 通常ダメージ * 期待攻撃回数 * 期待ターン数) / (1 + 期待ターン数)

 

チェインバーストありの場合:

[ターン毎ダメージ] = ( (チェインバーストダメージ/チェイン数) + 奥義ダメージ + 通常ダメージ *期待攻撃回数 * 期待ターン数) / (1 + 期待ターン数)

 

となります。

 

またグラフ生成時に必要な内部処理の関係上、計算はキャラ単位で完結するようにしたいので

[あるキャラのチェインバーストを計算するための合計の奥義ダメージ] = [チェイン数] * [各キャラの奥義ダメージ]

として、チェインバーストを計算し、

最終的にチェインバーストダメージの平均値を取ることで、擬似的に全員の奥義ダメージからチェインバーストを計算したのと同じ状態にしています。

減衰補正関数の特性から基本的にはこれで問題ないのですが、

PT中の一部キャラのみ属性の有利/非有利が異なると現実の値と異なる可能性があります。

 


チェインバーストによるターン毎ダメージの変化

あくまで僕の水編成(リヴァ4凸は1本しかないし、オールドオベロンは無凸1本)をベースに考えている、というのを前置きした上で、

チェインバーストダメージを実装してみたらどのような変化が見えたのかについて書いておきます。

 

四天刃バフを乗せた水編成(DA 30%, TA 30T)で

チェイン数1の時

f:id:hsimyu:20170517194244p:plain

 

チェイン数2の時

f:id:hsimyu:20170517210951p:plain

 

チェイン数3の時

f:id:hsimyu:20170517211011p:plain

 

フルチェインの時

f:id:hsimyu:20170517211032p:plain

 

ここで注目したいのは、序列1位の編成の「ターン毎ダメージのパーティ平均」です。

チェイン数が変化するごとに

  1. 299303
  2. 338476
  3. 351327
  4. 353918

と変化しています。

 

一番変化幅が大きいのは1->2の時で、13%くらい増加しています。

チェインバーストダメージが41.5万程度に対して、この時だいたい1サイクルが5.5Tと計算されているので、

41.5/(チェイン数2 * 5.5T) ≒ 3.8万程度です。

 

2 -> 3の時は(チェイン数2の値に対して)4%程度の上昇です。

ダメージが82万程度なので、

82/(3 * 5.5T) = 5.0程度なので5.0万 - 3.8万 = 1.4万くらいということですね。

 

それに対して3 -> 4の時は、チェイン数3の値に対して0.7%程度しか増加していません。

これは、100万ダメージ以上でチェインバーストの減衰が始まってしまうためで、

ターン当たりの寄与は116/(4 * 5.5T) = 5.3となってターンあたりの寄与は3000程度しか上昇しないということですね。

フルチェインは……


ということで、ざっと比較してみましたが、

フルチェインを待たなくてもターン毎ダメージはほとんど変わらないというのが数値で見えたので、ちょっとおもしろいですね。

お手持ちの編成でも色々比較してみてください。

f:id:ohtanoblog:20161212165641p:plain

図書館に行ったら、ふらふらと徘徊して、目についたもの、たまたま手に取ったものを借りることが多い。

でもこの本は、過去のわたしが残したスマホのホーム画面のToDoウィジェットにメモされていた。

おそらく前回訪れた時に、3冊借りたからもういいやと思ったところで発見し

「次回はこれだ!」と決めたのではないかと思う。忘れずにメモしてよかった。

 

西加奈子さんの名前は、アメトークの読書芸人の回で、なんとなく認識していた。

著書を読むのは初めて。

とてもいい本だったので、思うままに感想を綴ります。

2009年に刊行されているそうなので、ネタバレについてはあまり気にせず進みます。

 

  • あらすじ
  • 可愛い子と自分のちがいに気づくとき
  • 夢と猫のファンタジー
  • 容れ物と中身と歴史
  • 読みやすいよ

 

あらすじ

 

本の背表紙から引用。

 

小学校の体育館裏で、きりこが見つけた黒猫ラムセス2世はとても賢くて、大きくなるにつれ人の言葉を覚えていった。

両親の愛情を浴びて育ったきりこだったけれど、5年生の時、好きな男の子に「ぶす」と言われ、強いショックを受ける。悩んで引きこもる日々。

やがて、きりこはラムセス2世に励まされ、外に出る決心をする。

きりこが見つけた世の中でいちばん大切なこととは?

 

…正直、読み終わったあとこの↑あらすじを見返すと「まぁ、間違ってないけど…」という感じ。

このあらすじよりも、とにかく1ページ目を開いて1行目を読んでみるほうが、手に取った人の興味をそそると思う。

はじまりは、こう。

 

きりこは、ぶすである。

 

ぶす、が太字で強調されているのも本の通り。

本の中では、誰かの台詞であれ、説明文であれ、とにかく「ぶす」というワードは終始太字で強調される。

もちろん、ラノベ的にあれこれ太字にしたり空白を多用しているわけではない。ほかの個所に装飾は一切ない。

とにかく、容赦なく、ぶすが強調され、物語の始まりには主人公のきりこがいかにぶすであるかの説明が丁寧に行われる。

 

可愛い子と自分のちがいに気づくとき

 

きりこと同じようにわたしも、家族から可愛い可愛いと甘いシャワーを浴びせられて育った。

ところがやっぱり、自分と、世間一般にちやほやされる女の子たちの差に、何か違いがあることはやがて気がつくことになる。

特に中高の女子校生活を終えて、大学に入ってみると、男の子たちのなんと正直な事か。

きりこのように、初対面の人に衝撃を与えたり、すれ違いざまに「ぶす」とくすくすされるほどではないけれど(そのために、より気が付くのが遅れたわけだけれど)

「違うんだ!」と、思い知る日はやってくる。

 

もちろん、服を変えてみたり、髪型やお化粧を変えてみたり、いろいろ「世間の可愛い基準」に寄せていく方法はあるわけだけれど、そういう話はここでは無視する。

ここで問題にするのは、素材と心だ。

 

前半は、とにかくきりこのぶす表現が面白いのと、

(入園式の集合写真の顔がバラのよう、というエピソードが出てくる。花のように美しいという比喩ではなく、顔のしわや肉厚がバラの花びらにそっくりであると)

 

気が強くリーダーシップにすぐれたきりこが女子たちの中心にいることも興味深く読んだ。

(いわく、子どもはいつも「酔っぱらっている状態と同じ」だから洗脳しやすいそうだ。うん〇がどうとか言ってげらげら笑えるのは、つまり酔っ払いと同じだと)

 

そして、あらすじにもあった通り5年生で初恋の人に初めて「ぶす」と言われ、

やがてみんなの酔いと洗脳が醒める。

中学に入ってあらゆるヒエラルキーが目に見える形となったころ、

きりこはようやく「可愛くてモテるすずこちゃん」と自分の容姿が、

あまりにかけ離れているから自分は「ぶす」なんだと気がつく。

 

夢と猫のファンタジー

 

この話には、ちょっとしたファンタジーも含まれている。

きりこの飼い猫「ラムセス2世」はとっても賢いのだけど、人語を解するし、世界のあらゆることを「分かって」いる。

(例えば「世界は、肉球より、まるい!」とか。)

 

猫は夢を見るために日々眠りに励んでおり、やがて睡眠障害で引きこもりになったきりこも予知夢を見始める。

そして夢をきっかけに、外に出る。

 

きりこが美男美女家系の先祖代々から、唯一の欠点(美しい全体に隙を生み出すチャームポイント)をちょっとずつもらった特別なぶすであることを除いて、一般的日本のくらしを描いていた中に

ときおりこういった非現実的要素がほうりこまれる。

 

でも、わたしは猫ちゃんたちが非常に賢い動物であることを「分かって」いるし、

予知夢は見ないがいろんな夢をよく見ているので、

予知夢ぐらいあってもいいじゃないかと物語の進行に疑問を感じることはなかった。

 

きりこは、悲しんでいる人の夢をよく見る。

それはのちにAV女優になる「ちせちゃん」だったり、カルト宗教にのめり込んだ「元田さん」だったり、いろいろだ。

少女時代を描いた前半部から一転、後半は悲しみから立ち上がる大人の話。

 

容れ物と中身と歴史

 

生理が始まってどうとか、レイプがどうとかAV女優がどうとか、アダルトな記述もあるので手放しに勧められないかもしれないけれど

生々しい描写はないし、中高生くらいが読んでもいい気がする。

 

あらすじに書いてある「きりこが見つけた世の中で一番大切なこととは?」のアンサーはとても分かりやすいし、分かったつもりでいても改めてこうはっきり言われると大人でもハッとする感じがする。

 

「うちは、容れ物も、中身も込みで、うち、なんやな。」

「今まで、うちが経験してきたうちの人生すべてで、うち、なんやな!」

 

終盤、きりこはこう叫ぶ。

 

中盤にも「自分のしたいことを、叶えてあげるんは、自分しかおらん」というストレートなきりこのことばが出てくるのだけど、これはさらに上を行く。

(だからきりこは、ぶすのくせにと言われても、自分の着たいお姫さまのようなドレスを着る)

 

この気づきのシーンがあるから、ただたんに「きりこはぶすだけど容姿は気にせず胸を張って生きます」で終わらない。

 

さっきの容れ物と中身…の台詞は、きりこが初恋の「こうた君」が大人になって変わってしまった姿を見た後に出てくるもの。

 

自分だって、こうた君の容れ物にこだわっていた。変わった姿にがっかりした。

「人間には中身しかない」と思ってたけど、違った。

 

容れ物と中身と歴史と、全部があって、その人を作り上げている。今がある。

 

そう気づいたきりこを見て、ラムセス2世は「それでこそ、わが、きりこだ!」と思う。

このシーンはとっても爽快。

 

そしてとりあえず、死ぬまで生きようと思う。

 

読みやすいよ

 

このページで唐突に引用を切り貼りして伝えても

「たいした内容じゃないじゃん、大袈裟だなぁ」と思われるだけかもしれないけれど

読後は妙な納得と、爽快さと、安心感がある。

おすすめできる本。

 

文庫で200ページと、長編としては比較的短いので

普段本を読まない人でも読みやすいのではなかろうか。

文章も、小難しくない。(これにはちょっとした訳もある。)

 

そして、「ぶす」と言われるきりこをはじめ悲しい経験をしてきた人は登場するけれど

目も当てられないような不幸もない。

救いがある。

ハッピーエンドだから、安心してほしい。

 

猫小説としても面白い。

世界は、肉球よりも、まるい。

 

 

 

ではね |ω°)ノ

 

(ほかの西さんの感想文はこちら) 

 

(読書感想文の一覧はこちら)

あれこれの感想文-本 カテゴリーの記事一覧

休日の早朝、台風も去り天気もよかったので那覇までdp2quattro片手に散歩へ行ってきた。

農連市場からジュンク堂方面へプラプラ、早朝ということもあり人が少なく静かで気持ちいい。

ジュンク堂あたりでお腹がすいてきたので朝食を求め、沖映通りの路地にある「つきのわ」へ。

とろろと麦ご飯の理想の朝食を平らげ散策を再開、充実した休日の午前中だったとさ。

_SDI0015

_SDI0016

_SDI0020

_SDI0021

_SDI0022

_SDI0032

_SDI0034

_SDI0035

_SDI0036

_SDI0039

_SDI0042